ディライテッド株式会社代表ブログ

ディライテッド株式会社の代表取締役CEO 橋本が運営するブログになります。

「商談の日程調整を自動化するツール」を作りました!

皆さま、大変ご無沙汰しております…!
 
最近はSankeiBizなどの連載の方に勤しんでおり
ブログが滞ってしまってすみません。
 
久しぶりにお届けするブログです。
 
今回のブログで何をお伝えしたいかと言うと
日々、皆さんがお打ち合わせの日程調整をする時に繰り返している
 
「火曜日の午前中、水曜日の14時〜16時、木曜日の17時~19時が空いています。」
ご都合の良い日時を2・3ください。」
 
を無くしていくサービスをリリースしました、という事です!
 
受付システムとしてのRECEPTIONISTは
おかげさまでリリース2年から1300社以上の企業様で導入頂いております。
 
ユーザー様からのお声も頂き、
RECEPTIONIST(通称:プショニ)は日々進化を遂げており
より便利になって来ていると思います。
  
しかし、受付と向き合えば向き合うほど
もっと効率化できる部分あるよなと思いました。
 
そう!受付に来る回数だけ、日程調整が発生しているんです。
 
日程調整から受付までワンストップで行えれば
ストレスフリーで打ち合わせを行っていただける上に
業務の効率化を図ることが出来るのではないかと思いました。  

 

「調整アポ」とは?

f:id:marikohashimoto:20190212163909j:plain

 
ざっくり言いますと、
 
「打ち合わせの日程調整〜受付完了」
までにかかるコミュニケーションコストを83%削減する機能です。
 
それでは簡単に概要を説明します。
 

カレンダーと連携

 
RECEPTIONISTをお使いのユーザー様は
Googleoutlookカレンダーでスケジュールを組んでいる企業様が多いです。
 
そのため、まずRECEPTIONISTの管理画面と
上記のスケジューラーを連携させます。
 
また、来客対応を一人で受けるケースよりも
複数名で受けるケースの方が多いと思います。
 
なので、参加する社員の予定も管理画面に読み込ませます。
 

空いているスケジュールを「仮押さえ」する

f:id:marikohashimoto:20190212171151p:plain

 

 
そこで空いている日時をいくつか選択すると
日程と同時にその日に空いている会議室(選択可)も仮押さえすることが出来ます。
 
ピックアップした日時を載せたURLをメールでお客様に自動送信させるか
LINEやFBメッセンジャーなどでURLをコピペで送るとコチラ側でやることは終了です。
 

お客様は空いている日時を選ぶ 

f:id:marikohashimoto:20190212171404p:plain



 
お客様はそのURLを開き、候補日時の中から一つ選択し
自分の会社名と名前を入力して確定する。
 
これだけでアポ確定です。
  

仮押さえしてた日時・会議室予約は自動で消える

 
お客様には6桁の受付コードが発行されますので
受付の時にその数字を入れるだけで受付完了となります。
  
担当者側では、仮押さえされた日時や会議室が
選ばれた日時以外は瞬時にカレンダー上から消えます。
 
なので、手動で1つ1つ消す手間が省けますね。
  
受付システムと日程調整を別にしてしまうと
利便性はかなり下がってしまうと思います。
 
しかし、このように連携させることで
よりそれぞれの機能が利便性の高いものになります。
 
受付に課題は感じてないが、日程調整には困ってる…。
 
そんな企業様でも是非お使い頂きたいです。
 
無料でトライアルできちゃいます!!
 
これからもRECEPTIONISTは進化し続けます。
 
そして、今年はこのブログをちゃんと書きます!
 
引き続きどうぞよろしくお願い致します。